« 文京区千石の猫又坂 | トップページ | 本田美奈子碑 »

松陰学園の「高校三年生」歌碑

P1060532

小田急線東北沢駅から近い松陰学園に舟木一夫さんの歌った
「高校三年生」 の歌碑があると知り、訪れました。

P1060527

受付で許可をいただき、校門脇の歌碑を教えていただきました。

P1060525

何故、世田谷の松陰学園に高校三年生の歌碑があるのでしょうか

P1060523

説明板には以下のように記されていました。

作詞家丘灯至氏は昭和37年、新聞記者として高校の文化祭の取材にあたっていた。
取材先として訪れた松陰学園では、当時、定時制高校があり、文化祭のリハーサル
で男女の生徒が手をつなぎ、フォークダンスを踊っていた。
そこで最初に浮かんだのが「フォークダンスの手を取れば甘くにおうよ黒髪が・・・」
というフレーズであり、詩が作られ、遠藤実とのコンビでこの歌が生まれるに至った。

社会に飛び立とうとする10代後半の若い人たちが夢や心を大事に、抒情性を豊か
に育んでほしいという願いが、舟木一夫氏に歌われ、瞬く間に、多くの人々の心を
捉え、現在も皆が声を合わせて歌える国民的な歌となっている。

P1060524

歌碑の建てられた由来が納得できました。


noteWalkerひで”今日も歌碑めぐり”>> 

|

« 文京区千石の猫又坂 | トップページ | 本田美奈子碑 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

昭和の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/35362361

この記事へのトラックバック一覧です: 松陰学園の「高校三年生」歌碑:

« 文京区千石の猫又坂 | トップページ | 本田美奈子碑 »