« 白山神社のあじさい祭 | トップページ | からたちの花の歌碑 »

京北学園の「浜辺の歌」歌碑

P1060510

地下鉄三田線白山駅からほど近い京北学園にある童謡「浜辺の歌」の
歌碑を訪れました。

P1060508

校門の警備の方に許可を取り、校庭の一角にある歌碑の場所を
教えていただきました。

P1060499

「浜辺の歌」の歌碑は、校庭の式壇の脇にあります。

P1060502

作詞の林古溪は、国文学・漢文学・仏教哲学で知られた学者だそうですが、
大正2年(1913年)、古渓が教鞭を執っていた京北中学校38歳の時、
友人の勧めで作曲試作用にと『浜辺の歌』の詩を書いたそうです。

その後、昭和33年に、古渓の教え子達が師を偲んで、この碑を建てたそうです

P1060504

歌碑には、「浜辺の歌」の1番の歌詞が刻まれています。

あした浜辺をさまよえば、  昔のことぞ忍ばるる。
風の音よ、雲のさまよ、寄する波も貝の色も。

賑やかだった真夏の浜辺から人が去り、晩夏から初秋の頃の少し
寂しくなった浜辺を歩きながら、過去の思い出に浸っている姿、
を感じる歌詞です。

場所:東京都文京区白山5-28-25 京北学園内

noteWalkerひで”今日も歌碑めぐり”>> 

|

« 白山神社のあじさい祭 | トップページ | からたちの花の歌碑 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

明治・大正めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/35231970

この記事へのトラックバック一覧です: 京北学園の「浜辺の歌」歌碑:

« 白山神社のあじさい祭 | トップページ | からたちの花の歌碑 »