« 伊賀の里山歩き | トップページ | タバコ値上げ直前 »

伊賀の上野城と俳聖殿

P1070037

伊賀上野を訪れました。こじんまりとした街の周囲には田園風景が広がっています。

P1070038

伊賀上野のシンボルは、藤堂高虎の上野城です。
藤堂高虎が慶長13年(1608)徳川家康により、伊賀の国10萬石、伊勢の内
10萬石 、伊予の内2万石合わせて2萬石を与えられたそうです。




P1070040

建設中の五層の天守閣は、慶長17年(1612)大暴風で倒壊したそうですが、
二重櫓二棟、一重櫓八棟や長さ21間(約40m)の巨大な渡櫓(多聞)をのせた
大手門や御殿などが建設されましたが、大坂冬の陣、夏の陣が家康方の勝利
に終わると、幕府は諸大名に城普請を厳しく禁止したので、上野城の天守閣が
再建されることはなかったそうです。
現在の天守閣は昭和10年に再建されたものだそうです。
P1070053

高石の上から見下ろすあまり高い建物がない伊賀上野の市内を見渡すこと
ができます。

P1070054


P1070055

上野城のある上野公園には、この地で生まれた俳聖松尾芭蕉を顕彰する
俳聖殿が建っています。


P1070042

俳聖殿は、木造檜皮葺き屋根の二層の塔建てで、初層が八角、二層は丸型
という八角重層塔建式の特殊な構造の建物です。

P1070043

この個性的な外観は、旅に生涯をおくった松尾芭蕉の旅姿を象徴している
そうで、上層の屋根は旅笠、その下部が顔、下層の八角型の屋根は蓑と衣
を着た姿で、堂は脚部に、廻廊の柱は脚と杖を表現しているそうです。

|

« 伊賀の里山歩き | トップページ | タバコ値上げ直前 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/36833794

この記事へのトラックバック一覧です: 伊賀の上野城と俳聖殿:

« 伊賀の里山歩き | トップページ | タバコ値上げ直前 »