« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

川崎 二ヶ領用水の冬支度


家の前の桜並木で幹にわらを巻く作業が始まった。もう冬支度かあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今が見頃 ひたち海浜公園のコキアとコスモス

P1070159いは

茨城県ひたちなか市のひたち海浜公園でコキアが見頃を迎えた、とニュース
で知り、出かけました。
公園入り口には、「コキア見ごろ」「コスモス見ごろ」と掲示されていたので、
期待感が一層高まります。





P1070138

広大な敷地を進むと「みはらしの丘」と名付けられた丘に紅葉したコキアとコスモス
が広がっています。



P1070155

コスモスは浜風に揺れ、まるで何か語りかけてくるように感じられます。








P1070131

丸い枝ぶりのコキアはユーモラスな姿です。
P1070143

コキアは和名をほうき草と言い、みはらしの丘には約3万株のコキアを植栽して
あるそうです。


P1070140_2

コキアとコスモスを同時に楽しめるこの時期のひたち海浜公園は、多くの人が
訪れるのは当然です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三鷹駅前の童謡「赤とんぼ」歌碑

P1070119

三鷹駅南口そばに童謡「赤とんぼ」の歌碑があると聞き、出かけました。

P1070112

三鷹駅南口から伸びる中央通り沿いに歌碑はありました。

P1070116

赤とんぼの歌詞を作った、詩人三木露風は昭和3年から39年に亡くなるまで
三鷹市牟礼で暮らしていたので、この地に歌碑が建てられたそうです。

歌碑の姉弟の像は、「赤とんぼ」の世界観をあらわしたものだそうです。

P1070113

歌碑には、赤とんぼの歌詞が刻まれています。


夕焼け小焼けの 赤とんぼ 負われて 見たのは いつの日か

山の畑の桑の実を 小籠に摘んだは まぼろしか

姐やは十五で 嫁に行き お里の便りも 絶え果てた

夕焼け小焼けの 赤とんぼ とまっているよ 竿の先


noteWalkerひで”今日も歌碑めぐり”>>




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーデンプレイスはイルミネーション準備中


恵比寿のウェスティンに向かう途中、ガーデンプレイスで恒例のイルミネーション「バカラシャンデリア」の展示準備が始まっていた。もう、そんな時期かあ。
とTwitterでつぶやいたら、ウェスティンホテルから「11月3日が点灯式ですよ」と返されて、驚いた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中野区上高田「たきび」の歌発祥の地

P1070098

新井薬師から中野に向かう途中の住宅街に、今ではすっかり見かけ
なくなった垣根の続く一角があります。

P1070099

懐かいしい風景に垣根沿いに歩くと、童謡「たきび」のうたの発祥の地
との説明板があります。

P1070102

「たきび」のうた発症の地の説明には、以下のように記されています。

かきねの かきねの まがりかど

たきびだ たきびだ おちばたき

「あたろうか」「あたろうよ」

きたかぜ ぴいぷう ふいている

今も人々に愛唱されている「たきび」のうた。この童謡の作詩者巽聖歌
(たつみせいか:本名:野村七蔵1905~1973)は、岩手県に生まれ、
北原白秋に師事した詩人で、多くの優れた児童詩を残しました。

聖歌は、この詩が作られびた昭和5、6年頃から約13年の間、萬昌院のすぐ
近く、現在の上高田4丁目に家を借りて住んでいました。
朝な夕なにこのあたりを散歩しながら、「たきび」のうたの詩情をわかせたと
いわれています。

歳月が流れ、武蔵野の景観が次第に消えていくなかで、けやきの大木が
そびえ垣根の続くこの一角は、今もほのかに当時の面影をしのぶことが
できる場所といえましょう。

昭和58年3月 中野区教育委員会


P1070103

「たきび」のうたは、1941年(昭和16年)に、NHKのラジオ番組「幼児の時間」
の番組案内のテキスト『ラジオ小国民』で詞が発表され、12月に「幼児の時間」
の放送内で曲が発表されたそうです。

戦争中は、たき火が火事のもとになるので、放送中止になったことがあった
そうです。


戦後1949年(昭和24年)にNHKのラジオ番組
「うたのおばさん」で松田トシや安西愛子が歌い、広まったそうです。
2007年(平成19年)には日本の歌百選に選出されました。

P1070101

この垣根は個人のお宅ですが、今では滅多に見かけない佇まいです。

P1070100

歌詞の「かきねの かきねの まがりかど♪」とは、この場所なのかと
考えると感慨深いです。


住所:中野区上高田3丁目25番

noteWalkerひで”今日も歌碑めぐり”>>

| | コメント (0) | トラックバック (1)

世田谷 岡本民家園の秋


世田谷の岡本民家園では、近所の八幡様宮の祭礼のお囃子が聞こえている。都内とは思えない田園風景だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩川ウォーキングフェスタ 17Kmコース

P1070076

今日は、多摩川ウォーキングフェスタの17Kmコース!京王多摩川から下丸子の
ゴールまで17kmはきつい。いやはや、どうなるのか。

P1070077

参加者は入念なストレッチでウォーミングアップしている。
昨年参加した二子玉川からの8kmコースとは、本気度
が違うようだ。

P1070080

登戸付近までは気持ちよく足慣らしの感じだ。

P1070081

最近のウォーキングは、若い女性や子供連れの参加者も多く、
年齢層がだいぶ広がってきた。


P1070082

中間地点の二子玉川のマンション群が見えてきた。信号もなく一直線の
多摩川土手は気持ちよく歩ける。

P1070087

二子玉川を越えた。川原では、野球をする子供たちやバーベキューを
楽しむ人たちなど晴天の秋を皆さまざまに楽しんでいる。

P1070088

ちょっと前の暑さがうそのように、多摩川は秋の風景だ。

P1070089

東横線の多摩川園付近までくると、さすがに足が重たくなってきた。

P1070092

休憩を含め3時間30分で、ようやく下丸子のゴール到着。
暑い夏の間はあまり歩いていなかったので、久々の本格的ウォーキング
は少しきつかったが、良い気候になったのでこれからは時々
ウォ-キングしてみる気になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »