« 白州蒸留所 サントリーウイスキー博物館 | トップページ | 通天閣のルナパークジオラマ »

パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館

P1070446

門真市にあるパナソニック本社にパナソニックミュージアム
松下幸之助歴史館があります。


P1070447

時代を感じさせるこの建物は、昭和33年当時の本社を再現したものだ
そうです。


P1070482

館内はゆったりとした雰囲気です。

P1070450

松下幸之助氏とパナソニックの歩みが展示され、1918年(大正7年)の
松下電気創業期の作業場が復元されて
います。

P1070452

松下幸之助の発明として知られている二股ソケット

P1070454

昭和初頭の当社発展を支えた角型ランプの広告  1927年(昭和2年)

P1070455

国内外のパナソニックの社員が研修でも多く訪れるそうで、数々の展示を
食い入るように見る人の姿もあります。

P1070457

スーパーアイロン 1927年(昭和2年)


P1070460

同社ラジオ第1号の3球1号型受信機(Rー31) 1931年(昭和6年)

P1070462

それぞれの時代の商品とともに、松下幸之助の姿が掲げられています。


P1070464

電気洗濯機第1号の丸型撹袢式電気洗濯機は見たことのない珍しい形です。
同社白黒テレビ第1号はこの時代で29万円だそうです。1952年(昭和27年) 

P1070465


絞り機付き洗濯機・・・1954年(昭和29年)と冷蔵庫・・・1953年(昭和28年)
は懐かしい姿です。


P1070466

掃除機、電気釜も展示されています。

P1070468

時代とともに電化が進んでゆくのがよくわかります。

P1070476_2

松下幸之助氏の映像を通じ、創業者の熱い思いが伝わってきます。

P1070478

具体的な事例でも語っているので、現在の社員が見ても参考になる
ことが多いのではないでしょうか。

パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館は、創業者の意思を受け継いで
いこうという姿勢が明確な企業資料館です。

|

« 白州蒸留所 サントリーウイスキー博物館 | トップページ | 通天閣のルナパークジオラマ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

明治・大正めぐり」カテゴリの記事

昭和の風景」カテゴリの記事

由緒めぐり」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/38187061

この記事へのトラックバック一覧です: パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館:

» 松下幸之助:~「見方の違い。」 [前向きになれる言葉]
松下幸之助さんの言葉をトラックバックさせていただきました。 [続きを読む]

受信: 2010年12月26日 (日) 22時38分

« 白州蒸留所 サントリーウイスキー博物館 | トップページ | 通天閣のルナパークジオラマ »