« 金閣寺へ | トップページ | 京都 壬生寺の「ああ新撰組」の歌碑 »

壬生寺の界隈へ

P1070688

京都の壬生寺を訪れました。新撰組の隊士たちはこの壬生寺の境内で、
剣術や砲術の訓練をおこなっていました。

P1070711


P1070687

壬生寺の界隈は往時を偲ばせる町並みが続いています。

P1070679

前川邸は、文久3年浪士組が会津藩御預となった頃から、前川邸は屯所
として使われ始め、山南 敬介が切腹した場所だそうです。
外観はほぼ当時のままだということです。


P1070680

邸内は公開していないようですが、内部の写真の絵葉書や新撰組グッズを
売る売店で少し雰囲気を感じることができます。

P1070682

訪れた人たちは名残を探すように門や壁を見つめています。

前川邸>>

P1070684

壬生寺の並びには八木邸があります。
14代将軍家茂上洛の警護にきた浪士組が江戸に呼び戻されることになった中で
八木家を宿所としていた芹澤鴨、近藤勇、土方歳三、沖田総司、山南敬助、等の
13名が京に残り、文久3年3月16日八木家右門柱に、新選組の表札を掲げ、
新選組が誕生したそうです。

P1070686

芹澤鴨ら4人がここで斬殺され、邸内には今もその時の刀傷が残されて
いるそうです。

八木邸>>

ほんのわずかの一角で新撰組の歴史が繰り広げられていたことを
知りました。

|

« 金閣寺へ | トップページ | 京都 壬生寺の「ああ新撰組」の歌碑 »

寺社めぐり」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

由緒めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/39127619

この記事へのトラックバック一覧です: 壬生寺の界隈へ:

« 金閣寺へ | トップページ | 京都 壬生寺の「ああ新撰組」の歌碑 »