« 高崎だるま寺 | トップページ | 鵠沼から江の島へ »

高崎城址

P1070898

高崎の市役所近くに高崎城址があります。

P1070908

慶長三年、井伊直政が箕輪城十二万石の城主から地にあった和田城
に移って城主となり、それまで和田と言われていたこの地を高崎と改め、
城の規模を拡張し高崎城として、中仙道の交通の要衝にある要害とした
そうです。

P1070893

高崎城の東門が今も高崎城の名残を感じさせます。 

P1070894

高崎城東門の由来を記した説明板によれば、

高崎城十六の城門中、本丸門、刎橋門、東門は平屋門であった。
そのうちくぐり戸がついていたのは東門だけで通用門として使われていた。
この門は寛政十年正月(1798)と天保十四年十二月(1843)の二度、
火災により焼失し、現在のように建て直されたものと考えられる。
くぐり戸は乗篭が通れるようになっている。
門は築城当初のものよりかなり低くなっており、乗馬のままでは通れなくなっている。
この門は明治のはじめ、当時名主であった梅山氏方に払いさげられ、
市内下小鳥町の梅山大作氏方の門となっていた。
高崎和田ライオンズクラブは、創立十周年記念事業としてこれを梅山氏より
ゆずりうけ復元移築し、昭和五十年二月、市に寄贈したものである。
『高崎城跡案内板』より


P1070896

乾櫓も往時の雰囲気を感じさせます。

P1070906

僅かな石垣も残っています。

|

« 高崎だるま寺 | トップページ | 鵠沼から江の島へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

由緒めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/39646846

この記事へのトラックバック一覧です: 高崎城址:

« 高崎だるま寺 | トップページ | 鵠沼から江の島へ »