« 深川七福神めぐり | トップページ | 代々木上原の東京ジャーミー »

富岡八幡宮の木遣り歌碑

P1080955_2

正月の初詣の人で賑わう富岡八幡宮を訪れました。

P1080958

P1080964

江戸勧進相撲発祥の地である富岡八幡宮の広い境内には
巨大な大関力士碑や横綱力士碑が並んでいます。

P1080961

そんな一角に大木遣りの歌碑があります。
歌碑のボタンを押すと木遣りが朗々と流れてきます。

P1080962

説明を読むと以下の通り記されています。

「木場の木遣り」の発祥は古く、現存の文献によれば、既に慶長初期の昔に
行れている。当時、幕府のお船手の指図で、伊勢神宮の改築用材を五十鈴川より
木遣りの掛け声で水揚げをした、とある。

元来、神社仏閣の鳥居や大柄な用材を納める場合には木場木遣り特有の
「納め木遣り」が用いられ、保存会により今日に伝えられている。

元禄の始めには、武家屋敷の並ぶ両国の七つ谷の倉の間部河岸という所で
3代将軍家光公に筏の小流し(さながし、筏組)、角乗り、木遣りをご覧に入れ、
以後年中行事となった。
この時、川並みという言葉が発祥したと伝えられる。

明治12年(1979年)、米国のグラント前大統領が来日の際に、木遣りは角乗りと共に
上野の不忍池で天覧の栄に浴している。
江戸の昔より正月2日から7日に掛け木遣りにて初曳きし、材木屋さんに売り捌くのを
年中行事としていた

P1080967

その隣りには木場の角乗りの碑もあります。

noteWalkerひで”今日も歌碑めぐり”>>



|

« 深川七福神めぐり | トップページ | 代々木上原の東京ジャーミー »

寺社めぐり」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

江戸時代めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/43668067

この記事へのトラックバック一覧です: 富岡八幡宮の木遣り歌碑:

« 深川七福神めぐり | トップページ | 代々木上原の東京ジャーミー »