« 御岳から奥多摩へ | トップページ | 高水三山 »

多磨霊園の「我は海の子」の歌碑

P1090622

府中市にある多磨霊園に唱歌「我は海の子」の歌碑があります。

P1090616

明治41年、文部省が新体詩懸賞募集を行い、当時小樽新聞の記者であった
宮原晃一郎氏の作詞した「海の子」が佳作当選したそうです。

やがてこの詩は国定の「国語」教科書に採用され、更に作曲されて
小学唱歌となり、「我は海の子」と改題されたとのことです。

P1090618

作詞者とされる宮原家の墓所の脇に「我は海の子」の歌碑がありました。

P1090621

思わず歌詞を口ずさんでしまう馴染みのある唱歌です。

(場所:多磨霊園 北東地:18区1種21側54番)

noteWalkerひで”今日も歌碑めぐり”>>

|

« 御岳から奥多摩へ | トップページ | 高水三山 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

明治・大正めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/47181740

この記事へのトラックバック一覧です: 多磨霊園の「我は海の子」の歌碑:

« 御岳から奥多摩へ | トップページ | 高水三山 »