« 京都清水寺へ | トップページ | 奈良斑鳩 法隆寺 »

京都嵯峨野は小倉餡発祥の地

Dsc_0754

今日は、京都の嵐山から竹林の道を通り、嵯峨野の散策です。

Dsc_0757_2

嵯峨野は, 民家や寺院がたてこんでいますが, 落柿舎の前だけは 広々とした畑
になっていて, 昔の風景を感じさせる落ちついた空間です。

この畑は 京都市が買い取って 昔ながらの景観を保存しているそうです。,
その畑の一角にこの地が小倉餡発祥の地と書かれた立て札があります。

Dsc_0756_2

小倉餡発祥の由来
日本で始めて小豆と砂糖で餡が炊かれたのは 京都に於いて平安京ができて
間もなくの 820年頃のことであります 

当時 京のこのあたり 小倉の里に亀の甲せんべいを作っている和三郎という
人がいて 809年に空海が中国から持ち帰った小豆の種子を栽培しそれに御所
から下賜された砂糖を加え 煮つめて餡を作りました 

これを毎年御所に献上しました こうした菓子は極めて高価で珍しいもの
でありましたので一般の庶民の口には入りませんでしたがこの和三郎の努力で
京都を中心に小豆が広く栽培され江戸時代には茶道の菓子となり
又一方では祝飯として ハレの料理にも加えられるようになりました

 更に空海は中国の亀の甲煎餅の技術も伝授し京菓子の技術は日本の和菓子
の源流となりました
 和三郎は承和7年2月2日(840年)になくなりましたが その子孫並びに諸国同業
の人びとがその功績をたたえて 小倉中字愛宕「ダイショウ」の里に 一社を建て
朝廷の允許を得て 屋号が亀屋和泉でありましたので 和泉明神としてまつられる
ようになりました

 その後 年月を経て明神の社は兵火に焼かれ子孫も絶えて 只古老の伝承として
小倉の地に和泉明神の社があったと伝えられています。

                     都田左兵衛 (六代) 記

意外なところで小倉餡の歴史を知りました。
後で調べてみると、この畑は小豆畑のようで「小倉大納言 実験農場」という説明板
もあるそうです。

|

« 京都清水寺へ | トップページ | 奈良斑鳩 法隆寺 »

旅行・地域」カテゴリの記事

由緒めぐり」カテゴリの記事

食べ物めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/47882249

この記事へのトラックバック一覧です: 京都嵯峨野は小倉餡発祥の地:

« 京都清水寺へ | トップページ | 奈良斑鳩 法隆寺 »