« 京都嵯峨野は小倉餡発祥の地 | トップページ | 渋谷の酉の市 »

奈良斑鳩 法隆寺

Dsc_0718

奈良の法隆寺を訪れました。
法隆寺は飛鳥時代の姿を現在に伝える世界最古の木造建築です。

推古天皇と聖徳太子が推古15年(607)に寺とその本尊「薬師如来」を
造られたのが、法隆寺(斑鳩寺)であると伝えているそうです。

       P10906541

飛鳥時代に建てられた五重塔は日本最古のもので、国宝です。


Dsc_0714


五重塔と並んで、法隆寺のご本尊を安置されている金堂も飛鳥時代に
建てられた国宝です。

Dsc_0711

大講堂は延長3年(925)に落雷によって焼失し、正暦元年(990)に
再建されたそうです。こちらも国宝です。


Dsc_0717

奈良時代に建てられ国宝の夢殿は、行信僧都という高僧が、聖徳太子の遺徳
を偲んで天平11年(739)に建てられた八角形の建物です。

昔の1万円札の透かしに入っていたのを思い出しました。

境内には、飛鳥時代をはじめとする各時代の粋を集めた建築物が軒をつらね、
宝物類を含め、国宝・重要文化財だけでも約190件もある法隆寺は、
日本の歴史そのものです

|

« 京都嵯峨野は小倉餡発祥の地 | トップページ | 渋谷の酉の市 »

寺社めぐり」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/47876805

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良斑鳩 法隆寺:

« 京都嵯峨野は小倉餡発祥の地 | トップページ | 渋谷の酉の市 »