« 2013年6月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年7月

和歌山ブルースの歌碑

Img_0721

Img_0726

和歌山市の繁華街ぶらくり丁をテーマにした歌謡曲「和歌山ブルース」の歌碑が、
和歌山市雑賀町大門川に架かる雑賀橋のたもとにあります

Img_0727_2

歌碑は、レコード盤を模した直径1.8mの御影石製で、真ちゅうで作られたレーベル
部分に歌詞や一部の寄付した人の名前が刻まれ、ベンチとしても使えます。

Img_0729

半径1m以内に人が近づくと、和歌山ブルースのメロディが流れ、日没後には
中央のポール部分が光ります。

大変凝った歌碑で、この曲が地元の人たちに愛されていることが伝わってきます。

Img_0731

和歌山ブルース. 吉川静夫 作詞吉田 正 作曲 歌古都清乃

逢いたい見たい すがりたい そんな気持ちに させるのは
ぶらくり丁の 恋灯
真田堀(さなだぼり)なら ネオン川  和歌山泣きたい ああやるせない

誰にもいえぬ おもいでを  夜がやさしく くれたのも
あなたとわたしの 和歌の浦
夢は消えない いつまでも 和歌山泣きたい ああやるせない

流れる涙 紀の川に捨ててしまった 女でも
慕情をこめて ブルースを唄う花散る 城下町
和歌山泣きたい ああやるせない

noteWalkerひで”今日も歌碑めぐり”>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年9月 »