« 御宿 月の砂漠の歌碑 | トップページ | 夕焼けこやけの碑 »

横浜発祥碑めぐり

石川町から山手を通り、港の見える丘、中華街、までの発祥の地めぐり。
廻った発祥碑は庭球、西洋庭園、君が代、吹奏楽、キリンビール、
ボーリング、クリーニング。いろんなものがこのエリアで生まれました。

 

1383371414218

西洋庭園、

横浜市中区の山手公園は1870(明治3)横浜の居留地外国人のレクリエーション

の場として作られた、日本初の洋風公共庭園です。

園内にはそれを記した西洋庭園発祥の碑があります。

 

1383370973355_5


慶応三年(1866年)に横浜居住の外国人の間には山手方面に専用の遊園地を

望む声があり、外国公使団との間で結ばれた「横浜居留地改造及競馬場墓地

等約書」(慶応約書)によって、その要求が幕府に認められました。

その後、明治政府が山手妙光寺付近の土地、約6千坪を、慶応約書で約束した

土地の代替地として貸与したそうです。

居留地の外国人自身が公園の造成を行い開園したそうです。

1383370476430

庭球

横浜・山手公園内のテニスコート入り口に、「日本庭球発祥之地」と

彫られたローラーの記念碑があります。

元デビスカップ(デ杯)選手の安部民雄の書になるこの碑は、
1878年(明治11年)、横浜外国人居留地の人々が、自分たちのために
クラブとコートをつくった史実にちなんだもので、

1878年(明治11年)横浜山手の山手公園内に外国人専用の5面のコート
が作られ、日本で初めて近代テニスが本格的に行われるようになったそうです。

1383374184632


碑文

1878年レディース・ローンテニスアンドクろッケークラブ、
現在の横浜インターナショナルテニスクラブがこの地に
5面のテニスコート
を建設した。この地は日本のテニスの発祥の地とされている。

昭和
5310月横浜インターナショナルテニスクラブ

1383370520060

1383370892105

往時のテニスの様子を伝えるテニス発祥記念館も必見です。

横浜山手・テニス発祥記念館>


1383371604485
君が代

1383372280336

吹奏楽

 

 

1383374183262

キリンビール

2008719 ()に訪れたことがありますが、今日は友人を案内しての
再訪です。

横浜妙香寺の「君が代」歌碑と吹奏楽発祥の地>>

 

|

« 御宿 月の砂漠の歌碑 | トップページ | 夕焼けこやけの碑 »

寺社めぐり」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

明治・大正めぐり」カテゴリの記事

由緒めぐり」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/54065920

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜発祥碑めぐり:

« 御宿 月の砂漠の歌碑 | トップページ | 夕焼けこやけの碑 »