« 夕焼けこやけの碑 | トップページ | »

金太郎の故郷の「金太郎」の歌碑

 「金太郎」と言えば、「足柄山の金太郎」童謡金太郎の歌碑は
南足柄市の夕日の滝の近くにあります。



Dsc_1767


Dsc_1761


作詞=石原和三郎   作曲=田村 虎蔵
1 まさかりかついで きんたろう    くまにまたがり  おうまのけいこ
  はいし どうどう はいどうどう   はいし どうどう はいどうどう
   

2 あしがらやまの  やまおくで      けだものめて  すもうのけいこ
  はっけ よいよい のこった       はっけ よいよい のこった 


     Dsc_1768

夕日の滝は、金太郎が産湯をつかったことで知られた滝です。
金時山が水源の夕日の滝は高さ23m、幅5m
「夕日の滝」の由来は、冬至の日に、滝壺に夕日が赤く映える
からだそうです。



Dsc_1781

南足柄市の地蔵堂地区は古くから「四万長者伝説」がありその
長者の娘・八重桐が産んだ子どもが「金太郎」なのです。



Dsc_1776

Dsc_1775

Dsc_1773

この地蔵堂地区には金太郎生家跡や「金太郎の遊び石」のかぶと石や
たいこ石が散在しています。

noteWalkerひで”今日も歌碑めぐり”>>




















|

« 夕焼けこやけの碑 | トップページ | »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

由緒めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400245/54848850

この記事へのトラックバック一覧です: 金太郎の故郷の「金太郎」の歌碑:

« 夕焼けこやけの碑 | トップページ | »