経済・政治・国際

富岡製糸場へ





Dsc_2023

群馬県の富岡製糸場が世界遺産の勧告を受けたと聞き、早速訪れてみました。
勧告を受けてから大混雑とのニュースがありましたが、連休の狭間の5月1日
はそれほどではありませんでした。

Dsc_2026

明治5年に建てられた建物は長年の風雪を感じさせない綺麗な姿のままです。


Dsc_2028

繭倉庫は、木の柱にレンガの壁という珍しい建て方で、当時はレンガが日本
にはなく、フランス人技術者に瓦職人が教わりながらレンガを焼いたそうです。

ボランティアガイドの方が丁寧に説明をしてくれるので、よくわかります。


Dsc_2034
続いて繭から生糸を取る操糸場です。

Dsc_2039

広い建物は柱がなくても支えられるトラス構造という三角形で支える建て方
だそうです。東京タワーも同じ建て方との説明でした。
採光のための窓のガラスは当時フランスから運んだものだそうです。


Dsc_2038

ずらっと並んだ自動操糸機が作った絹糸が明治時代の日本の輸出を支え
日本を支えていたと考えると感慨深いです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜発祥碑めぐり

石川町から山手を通り、港の見える丘、中華街、までの発祥の地めぐり。
廻った発祥碑は庭球、西洋庭園、君が代、吹奏楽、キリンビール、
ボーリング、クリーニング。いろんなものがこのエリアで生まれました。

 

1383371414218

西洋庭園、

横浜市中区の山手公園は1870(明治3)横浜の居留地外国人のレクリエーション

の場として作られた、日本初の洋風公共庭園です。

園内にはそれを記した西洋庭園発祥の碑があります。

 

1383370973355_5


慶応三年(1866年)に横浜居住の外国人の間には山手方面に専用の遊園地を

望む声があり、外国公使団との間で結ばれた「横浜居留地改造及競馬場墓地

等約書」(慶応約書)によって、その要求が幕府に認められました。

その後、明治政府が山手妙光寺付近の土地、約6千坪を、慶応約書で約束した

土地の代替地として貸与したそうです。

居留地の外国人自身が公園の造成を行い開園したそうです。

1383370476430

庭球

横浜・山手公園内のテニスコート入り口に、「日本庭球発祥之地」と

彫られたローラーの記念碑があります。

元デビスカップ(デ杯)選手の安部民雄の書になるこの碑は、
1878年(明治11年)、横浜外国人居留地の人々が、自分たちのために
クラブとコートをつくった史実にちなんだもので、

1878年(明治11年)横浜山手の山手公園内に外国人専用の5面のコート
が作られ、日本で初めて近代テニスが本格的に行われるようになったそうです。

1383374184632


碑文

1878年レディース・ローンテニスアンドクろッケークラブ、
現在の横浜インターナショナルテニスクラブがこの地に
5面のテニスコート
を建設した。この地は日本のテニスの発祥の地とされている。

昭和
5310月横浜インターナショナルテニスクラブ

1383370520060

1383370892105

往時のテニスの様子を伝えるテニス発祥記念館も必見です。

横浜山手・テニス発祥記念館>


1383371604485
君が代

1383372280336

吹奏楽

 

 

1383374183262

キリンビール

2008719 ()に訪れたことがありますが、今日は友人を案内しての
再訪です。

横浜妙香寺の「君が代」歌碑と吹奏楽発祥の地>>

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良斑鳩 法隆寺

Dsc_0718

奈良の法隆寺を訪れました。
法隆寺は飛鳥時代の姿を現在に伝える世界最古の木造建築です。

推古天皇と聖徳太子が推古15年(607)に寺とその本尊「薬師如来」を
造られたのが、法隆寺(斑鳩寺)であると伝えているそうです。

       P10906541

飛鳥時代に建てられた五重塔は日本最古のもので、国宝です。


Dsc_0714


五重塔と並んで、法隆寺のご本尊を安置されている金堂も飛鳥時代に
建てられた国宝です。

Dsc_0711

大講堂は延長3年(925)に落雷によって焼失し、正暦元年(990)に
再建されたそうです。こちらも国宝です。


Dsc_0717

奈良時代に建てられ国宝の夢殿は、行信僧都という高僧が、聖徳太子の遺徳
を偲んで天平11年(739)に建てられた八角形の建物です。

昔の1万円札の透かしに入っていたのを思い出しました。

境内には、飛鳥時代をはじめとする各時代の粋を集めた建築物が軒をつらね、
宝物類を含め、国宝・重要文化財だけでも約190件もある法隆寺は、
日本の歴史そのものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京スカイツリーへ

   P1090550_2

4月に東京スカイツリーの予約抽選申し込みをして5月の発表で
今日の予約が取れたので訪れました。
周辺は大変な人出です。

P1090553

予約チケットを引き換えるだけでも行列ですが、ようやくエレベター
乗り場に到着です。 

P1090555

エレベーター内は江戸切子の細工がきれいです。
分速600mのエレベーターは50秒で地上350mの展望デッキに到着です。

P1090557

展望デッキから港区方面を見ると、都心の高層ビルや東京タワー
が彼方に見えます。

   P1090561

隅田川を挟んで、左隅がアサヒビール。対岸中央の緑が浅草寺。
その先に広がる緑は上野公園です



P1090564

隅田川上流から埼玉方面です。

P10905671

下町から千葉方面。彼方は東京湾です。

P1090578

2フロア下りると、下を見ている人が目につきます。

P10905691

床がガラスで、真下を見ることができるようになっています。

   

P10905511_2

東京スカイツリーは今までにない高さだけに、見える光景も
素晴らしく広がりがあります。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

緑のカーテン

緑のカーテン
今年の緑のカーテンは、風船かずらと沖縄すずめうりにした。去年はゴーヤが売り切れていたが、今年は種類が豊富だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新大久保のコリアンタウン

P1090228

最近人気の新大久保コリアンタウンを訪れました。
街中にハングルの看板が並ぶ光景は新宿の隣り駅とは思えません。

P1090229

P1090244

横浜中華街のように、新大久保では韓国料理のお店が軒を並べています。

P1090230

韓国のり巻きの露天もあります。

P1090226

韓国化粧品の店には若い女性が行列しています。
今は、カタツムリや毒蛇の成分が人気だそうです。

P1090258

韓流スターや韓国アイドルのブロマイドも目立ちます。

P1090238

韓国食材を売るスーパーを覗いてみます。

P1090242

韓国の菓子も人気のようです。

P10902591

もやしやニンニクのボリュームがすごいです

P1090261_1

冷麺の数もすごいです。

新大久保は、韓国の勢いを実感できる街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠野 千葉家曲り家

盛岡から釜石に向かう途中の遠野市の国道396号線に南部曲り家の代表格
である千葉家曲り家があります。

P1090191

見晴らしの良い小高い丘の中腹の石垣の上に築かれた千葉家ですが、
震災から1年たった今でも石垣の一部はブルーシートで覆われています

P1090186

P1090188

氷柱の垂れ下がる光景は温暖化が進んだ近年では貴重です。

P1090178

「曲り家」とはL字型の家で、人が住む母屋と馬小屋がつながっている住居です。
馬は家族のようなかけがえのない存在であったことから、同じ屋根の下で
暮らしていたそうです。

P1090177

納屋に置かれた駕籠が往時の華やかさを感じさせます。

P1090180

様々な農具や蓑があることから大規模な農作業が行われていたことが
伝わってきます。

遠野というと、河童や座敷わらしなどの民話のふるさとですが、曲り家を見ると
厳しい自然の中で営まれる堅実な生活を感じることができます。

南部曲り家千葉家>>




| | コメント (0) | トラックバック (0)

釜石ラーメン

P1090143

釜石市内の公園にある野外音楽堂には市民の人たちの気持ちを表す
ような「絆 不死鳥 釜石」と書かれた横断幕が掲げられています。

P1090147

公園の敷地内には仮設の飲食店街が作られ、そのなかに釜石ラーメン
のお店があります。

P1090145

P1090144

仮設の質素な店内には、派手なデザインの大漁旗のような旗と東京ラーメンショー
に出店した時、お客さんたちが書いたメッセージが貼ってあります。

P1090146

そんな店内でいただく釜石ラーメンの麺は、極細の縮れ麺と、魚介系のだし
が効いた琥珀色に透き通った醤油味が特徴です。

釜石ラーメン>>



| | コメント (0) | トラックバック (0)

釜石の復興

P1090103

午前6時過ぎに盛岡から車で3時間かけ車で釜石を目指します。
早朝の盛岡駅は人影も少なく、遠くには岩手山も望めます。

P1090106

融雪剤のおかげで思いのほか路面に積雪はありませんが、雪景色の
なかをひたすら移動です。

P1090155

P1090159

震災からまもなく1年というのに、釜石市内には津波で崩れた家があちこちに
あります。

P1090164

P1090167

P1090158

P1090156

その一方で、壊れた家屋は撤去され、再建をおこなっている家も目立つように
なりました。営業を再開した店も目かけます。

P10901571

撤去されたお店の跡には転居先を示す立て札も見かけます。
「お見舞いありがとうございます。家族皆無事です」と書かれています

P1090173

昨年夏に釜石を訪れた時宿泊したホテルは、当時はガレキが積み上げられ
ようやく水が出るようになったばかりでクーラーはまだ動かない状態でしたが
すっかりきれいな姿になっていました。

P1090169

街角には、「屈せず撓まぬ心で釜石の元気を発信」と書かれた
幟が立てられています。

少しづつですが、釜石の復興は進んでいました。

2011年7月の釜石市内>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

代々木上原の東京ジャーミー

P1080997

小田急線で代々木上原駅を通ると見える変わった建物が気になっていたので
訪れてみました。イスラム教のモスク、東京ジャーミーです。

P1080989

ジャーミーとは、一日5回礼拝が行われている大きい礼拝場を示す言葉で
その語源は、アラビア語で人の集まる場所という意味だそうです。

P1080991

人影の少ない礼拝堂は華麗で厳粛な雰囲気です。

P1080990

上を仰ぎみると、天井も凝った装飾です。東京ジャーミーは不思議なスポットです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)