寺社めぐり

高崎達磨寺に




Dsc_2045

高崎の達磨寺を訪れました。


Dsc_2041

今までの達磨を納め、新しい達磨にしました。


Dsc_2044

達磨寺には、さまざまな大きさのだるまが山積みで納められていました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜発祥碑めぐり

石川町から山手を通り、港の見える丘、中華街、までの発祥の地めぐり。
廻った発祥碑は庭球、西洋庭園、君が代、吹奏楽、キリンビール、
ボーリング、クリーニング。いろんなものがこのエリアで生まれました。

 

1383371414218

西洋庭園、

横浜市中区の山手公園は1870(明治3)横浜の居留地外国人のレクリエーション

の場として作られた、日本初の洋風公共庭園です。

園内にはそれを記した西洋庭園発祥の碑があります。

 

1383370973355_5


慶応三年(1866年)に横浜居住の外国人の間には山手方面に専用の遊園地を

望む声があり、外国公使団との間で結ばれた「横浜居留地改造及競馬場墓地

等約書」(慶応約書)によって、その要求が幕府に認められました。

その後、明治政府が山手妙光寺付近の土地、約6千坪を、慶応約書で約束した

土地の代替地として貸与したそうです。

居留地の外国人自身が公園の造成を行い開園したそうです。

1383370476430

庭球

横浜・山手公園内のテニスコート入り口に、「日本庭球発祥之地」と

彫られたローラーの記念碑があります。

元デビスカップ(デ杯)選手の安部民雄の書になるこの碑は、
1878年(明治11年)、横浜外国人居留地の人々が、自分たちのために
クラブとコートをつくった史実にちなんだもので、

1878年(明治11年)横浜山手の山手公園内に外国人専用の5面のコート
が作られ、日本で初めて近代テニスが本格的に行われるようになったそうです。

1383374184632


碑文

1878年レディース・ローンテニスアンドクろッケークラブ、
現在の横浜インターナショナルテニスクラブがこの地に
5面のテニスコート
を建設した。この地は日本のテニスの発祥の地とされている。

昭和
5310月横浜インターナショナルテニスクラブ

1383370520060

1383370892105

往時のテニスの様子を伝えるテニス発祥記念館も必見です。

横浜山手・テニス発祥記念館>


1383371604485
君が代

1383372280336

吹奏楽

 

 

1383374183262

キリンビール

2008719 ()に訪れたことがありますが、今日は友人を案内しての
再訪です。

横浜妙香寺の「君が代」歌碑と吹奏楽発祥の地>>

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西日暮里 富士見坂

Dsc_0871_2

西日暮里を歩いていると、富士見坂と書かれた看板があるので
登ってみることにしました。

Dsc_0870_2

富士見坂は墓地の脇の真っ直ぐな坂です。

Dsc_0869_2

坂の頂上で「富士山が見える」と話していると、通りすがりの近所の人が
「この先にマンションができて、もうじき見えなくなってしまうんですよ」と
教えてくれました。


Dsc_0868_2

坂頂上の説明板には次のように記されていますが、もうじきこの表示も
変わるのでしょうか。

富士見坂
坂下の北側の墓地は日蓮宗妙隆寺(修性院に合併)の跡。
妙隆寺が花見寺と呼ばれたことから、この坂も通称「花見坂」または
「妙隆寺坂」と称された。

都内各地に残る「富士見坂」と冠する地名の中で,現在でも富士山を
望むことができる坂である。


foot今日も坂めぐり>>











| | コメント (0) | トラックバック (0)

鎌倉散歩

鎌倉散歩

鎌倉在住の方の案内で、鎌倉散歩。名越切通や材木座海岸、
鶴ヶ岡八幡宮参拝など変化に富んだコースでした。

鎌倉市

うららかな材木座海岸での乾杯も気分爽快でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良斑鳩 法隆寺

Dsc_0718

奈良の法隆寺を訪れました。
法隆寺は飛鳥時代の姿を現在に伝える世界最古の木造建築です。

推古天皇と聖徳太子が推古15年(607)に寺とその本尊「薬師如来」を
造られたのが、法隆寺(斑鳩寺)であると伝えているそうです。

       P10906541

飛鳥時代に建てられた五重塔は日本最古のもので、国宝です。


Dsc_0714


五重塔と並んで、法隆寺のご本尊を安置されている金堂も飛鳥時代に
建てられた国宝です。

Dsc_0711

大講堂は延長3年(925)に落雷によって焼失し、正暦元年(990)に
再建されたそうです。こちらも国宝です。


Dsc_0717

奈良時代に建てられ国宝の夢殿は、行信僧都という高僧が、聖徳太子の遺徳
を偲んで天平11年(739)に建てられた八角形の建物です。

昔の1万円札の透かしに入っていたのを思い出しました。

境内には、飛鳥時代をはじめとする各時代の粋を集めた建築物が軒をつらね、
宝物類を含め、国宝・重要文化財だけでも約190件もある法隆寺は、
日本の歴史そのものです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都嵐山嵯峨野の紅葉巡り

Dsc_0731_2

京都嵐山を訪れました。紅葉シーズンなので、平日にも関わらず
渡月橋は観光客で混雑しています。

Dsc_0743

渡月橋からすぐの天龍寺は紅葉の名所として人気です。

Dsc_0745

底冷えのする寒さのせいもあり、庭園の池の周囲の紅葉が見事です。

Dsc_0747

きれいに手入れされた白砂とのコントラストも見事です。


Dsc_0754

嵐山の喧騒とは打って変わった静けさの竹林の道を通り
嵯峨野散策です。


Dsc_0759

宝筺院はひっそりとした雰囲気で石畳の苑道を巡り紅葉を楽しむことが
できます。

Dsc_0758

紅葉は落ち着いた雰囲気が似合います。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

伏見稲荷へ




P1090627_1_2

京都の伏見稲荷を訪れました。
伏見稲荷は全国各地に祀られている稲荷神社の総本宮です。

P1090628_1

青空の下、朱塗りが映えています。

P1090629_1

楼門は天正17年(1589年)豊臣秀吉の造営です。
秀吉の母大政所殿の病悩平癒祈願が成就すれば一万石奉加する、
と記したいわゆる“命乞いの願文”が伝来しているそうです。

伝承の通り、昭和48年に楼門の解体修理が行われたところ、願文と同じ
「天正17年」の墨書が発見され、伝承の正しかったことが確認されたそうです。


P1090630_1

楼門脇に鎮座している狐は引き締まった姿です。

P1090632_1

本殿は稲荷造とい建て方で総本宮らしい豪華で華麗な佇まいです。

伏見稲荷>>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あじさいの季節

あじさいの季節

川崎市多摩区の妙楽寺はあじさい寺として有名です。今年もあじさいの花が見頃を迎え、大勢の人が訪れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国領神社の藤

国領神社の藤

藤を見に国領神社を訪れた。雨のなか、境内は藤の香りに包まれている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京大神宮

P1090067

飯田橋駅から近い東京大神宮を訪れました。

P1090072

東京大神宮は縁結びのパワースポットとして有名な神社です。

P1090069

参拝客は若い女性やカップルばかりなので、並んでいるだけでも
気恥ずかしい感じです

P1090074

縁結び守りや恋愛成就守りなどもかわいらしいデザインなので、若い女性
に人気のようです。

P1090076

おみくじも恋文みくじや華みくじと、はなやかです。

東京大神宮を訪れると、縁結びを祈る女性がいかに多いかがよくわかります。

東京大神宮>>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧